治験バイトの危険性は?報酬は?東京と大阪で何度も参加しているモニター体験談を公開します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

治験バイトを募集する会社選びは慎重に

治験バイトと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?「怪しい」「危険」「怖い」「裏バイト」「闇バイト」「人体実験」そして「高額バイト」。。。

治験に参加している人には守秘義務があるので、なかなかその実態を知られることが少ないのだと思います。私自身、治験バイトをしている、と人に言うと怪しい目で見られることもしばしばで、なんとかそのイメージも変えられないものかと・・・(^^;

学生時代によく言われる「大学病院で遺体をホルマリンに漬けるバイト」などではありませんので(><)

私は何度も東京と大阪での治験に参加していて(転勤族です)、その都度高額な金額をいただいているので、その経験を少しお伝えします(^^

モニター登録は無料です

治験バイトを募集している会社(コーディネーター)は何社もありますが、中には本当に怪しいところもあります。私の知り合いは「報酬が最初の話と違って減額されていた」とか、「交通費が出なかった」とか、「スタッフが少なくて長時間待たされた」とか、「実は実験が失敗していて後日再度呼び出された」とか。。。どことは明かしませんが、「うーん」と言いたくなる会社もあるようです。

登録にお金がかかるところも避けましょう。

ある意味、身体を張ってモニターバイトをする以上、きちんと信頼できるところでお世話になりたいですよね。

私が現在登録しているのは次の2つです。どちらも登録無料でおすすめです。

JCVN

治験モニター募集

そもそも治験とは

「治験」とは、お薬や健康食品、サプリメントの開発の最終段階で、人体での効果を測るためにお医者さんの監修の元に行われる臨床試験(実験)です。それで効果と安全性が確認出来て初めて国の承認を得られるので、製薬会社にとっては欠かせないステップです。

治験バイトとは

新薬が世の中に出る前の最終ステップである臨床試験に参加するモニターのことを、一般的に治験バイトと呼んでいます。しかし「アルバイト」という呼び名も、それで頂ける「報酬」も実は間違っていて、本来は「モニター」、「謝礼」、「負担軽減費」、「協力費」と呼ばれます。新薬開発の一環で社会貢献につながることなので、「働く」というよりも「有償のボランティア」といった感覚の方が正しいかも知れません。

どんなことをするの?内容は?

内容は人によって様々です。色んな案件があり、自分に合ったものに応募する形になります。例えば「慢性鼻炎を抱える20代以上の男性」とか、「老眼を感じている40代以上の男女」とか、「便秘の悩みがある30代~60代の男女」とか、「高血圧の悩みがある女性」とか、「糖尿病の方」「ニキビがある方」等が条件となり、商品は生活習慣病の改善を目的としたものや美白やシワ・シミなどの美容関連の化粧品やサプリメント、肥満・メタボ改善などの健康促進、生活の質の向上を目的としたものが主です。美容関連は女性を募集することが多いです。募集地域は東京、埼玉、神奈川、横浜、茨城、千葉、静岡など関東が多いですが、大阪、兵庫、京都、広島、福岡など関西もあり、北海道・札幌や青森、仙台、名古屋、熊本、鹿児島でも募集されることがあるようです。

私はサプリ、健康食品を一定期間摂り続けるモニターによく参加します。正直言って、初めのころは「何かわからないけれど得体の知れないものを試す」ということに緊張もしましたが、

事前検査に行き、本試験に参加すると商品を飲んだか(食べたか)の日誌をつけて月に1,2度病院や医師・看護師がいる会社(会場)に検査を受けに行く、という流れが多いです。事前検査にも日給・交通費が出ます。

万が一副作用が出たときや、風邪などの体調不良になったときは、コーディネーターにすぐに連絡をして中止するか続行するか相談しましょう。

気になる報酬は

これはもう驚くほど高額です。一般のアルバイトの時給や仕事の労働対費用を考えると・・・申し訳なくなるくらいの額をもらえます。平均すると通院1回につき8,000円から1万円程度でしょうか。検査にかかる時間は2時間程度のものしか参加したことがないので、時給にすると4,000円~5,000円ということになりますね。週末、土日に検査に日帰りで行くことが多いので、週末バイトといった感じです。

入院を伴う長期のものはもっと高額です。入院するタイプの治験は日給15,000円を超えるものがほとんどで、入院といっても病院の中ではほとんど自由だそうです。

キャンセル待ちになることもある

治験の認知度が上がるにつれて、参加する人が増えてきているのは事実です。自分の条件に合った治験に応募しても、キャンセル待ちです、と返事がくることもあります。キャンセルが出たと連絡がきて、30分後に連絡しても「もう埋まりました」とか。

本当に美味しいバイトですもんね(^^; 18日入院とかの治験に参加すると30万円以上とか副業並みに稼げてしまうレベルです。18日入院出来る健康な男性って・・・あんまりいそうにないから倍率も低いんだろうなぁ。。。

治験参加中はSNSなどで言ってはダメ

被験者である最中は、「今こんな実験に参加してまーす」などSNSでつぶやいたりして家族以外に口外するのは禁止されています。製薬会社や美容・健康企業が多額の費用をかけて新製品を作っている最中ですので、まだまだ外に漏れては困る情報もあるわけです。あくまでも「秘密」にしておきましょう。

辛い治験はない

私が受けてきた治験では、どの健康食品も美味しかったですし、サプリも飲みやすいものばかりでした。検査も痛いようなものはなく、本当にこれでお金をもらっていいの?と思わずにはいられない治験ばかりです。

数ヶ月経って、「あ、これって私が治験に参加したアレだよね?!」とCMなどで見かけると、なんだか嬉しくなります(^^

社会貢献などという大それた意識はもっていませんが、たくさんの人が研究してきて、最後に自分が治験に参加したお薬やサプリが誰かのお役に立っているなら、それも嬉しくなりますね。

まずは登録無料なので、登録してから内容を確認してみてください!

JCVN

治験モニター募集

↓ランキングに参加しております。
ご協力お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク